やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

投稿日:2019年9月11日 更新日:

トルコ料理

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。

肉料理がとにかく美味い

トルコは、肉料理がとても美味しい國。
特に、羊肉(ラム肉)の味は、時に感動するほど素晴らしいです。

そんな羊肉をメインに使ったトルコ料理と言えば、ケバブとキョフテが超有名。
この2種類の肉料理は、絶対に外せません。

ケバブとキョフテだったら、どのお店に入っても美味しくいただける。
そう斷言できるほど、これらの肉料理はハイレベルです。

野菜料理も侮れない

とは言え、トルコ人は肉ばかりを食べているわけではありません。
むしろ、日本人よりも野菜をたくさん食べている印象があります。

実はトルコは、野菜もすごく美味しいんです。
味がしっかりしていて濃厚。

トルコの野菜料理だったら、ぜひ、野菜の中に米やハーブを詰めた「ドルマ」や、オイル煮の「ターゼ?ファスリエ」などを食べてみてください。
肉なしでも十分満足できます。
トルコ料理の味

また、トルコ料理は、日本人からするとスパイシーなイメージがあるかもしれません。
でも実際は、東南アジアやインドほど香辛料を使いません。

日本人観光客が少ないトルコ東南部ではややスパイシーな味付けもありますが、基本的には、素材の味が引き立つ程度にほんのりと風味付けするのがポピュラーです。

ですから、トルコ料理は、日本人にも親しみやすいと思います。

ちなみに、使用するスパイスの種類も、そんなに多くはありません。
比較的よく使われるのは、唐辛子?クミン?ミント?タイム?オレガノなど。

ごく一般的なトルコの家庭では、こうしたスパイスを中心に、4?5種類くらいを使い分けている程度です。
もしかしたら、ストックしてある香辛料の種類は、日本の家庭の方が多いかもしれません。

また、「サルチャ」というトルコ風トマトペーストを多用するところも、トルコ料理の特徴の1つです。

サルチャは、日本人にとっての味噌のような、トルコ人に親しまれている定番の調味料。
煮込みやスープなどによく使われるほか、肉料理の下味に使われることも多いです。

さて、この記事では、現地トルコでの経験をもとに、トルコの名物とも言える人気料理42品の味や作り方などを詳しく紹介します。

記事の最後では、日本のおすすめトルコ料理店(東京や橫浜)も紹介しています。
合わせて參考にしてください。

ケバブ

トルコ料理で一番有名なものは、やっぱりケバブ。
ケバブと言えば、まず真っ先に「ドネル?ケバブ」を思い出す方が多いかもしれません。

大きな肉のかたまりを回転させて焼く「ドネル?ケバブ」。
もちろん、トルコにも「ドネル?ケバブ」はあり、日本と同様にファーストフード的な食べ物として人気を博しています。

ただ、トルコでは、「ケバブ(kebab)」という言葉にはより広い意味があって、単純に、「焼き肉」のことを指しています。
ですから、現地で食べるケバブは、ここではお伝えしきれないくらい多様です。

まずは、トルコの代表的なケバブのバリエーションをご紹介します。

シシケバブ(シシカバブ)

トルコで最もポピュラーなケバブ(焼き肉料理)は、シシケバブ(シシカバブ:shish kebab)です。
シシケバブとは、主に羊肉を使った串焼きのこと。

鉄串を使って焼いた場合は、上の寫真のように、串を外して皿に盛られて出てきます。

ケバブというと、肉がどっさりと出てくるイメージがあるかもしれませんが、トルコでは、たっぷりの野菜やピラウ(ピラフ)と一緒に供されるのが普通です。

また、トルコのレストランでは、シシケバブを炭火焼きにして作るところが多いです。
肉の旨みがギュッと詰まっていて、とっても美味。

付け合わせのトマトやピーマンも、お肉と一緒に直火で調理していて、これもまた美味しいです。

「Istanbul Kebab Cafe Restaurant」のシシケバブ
@トルコ イスタンブール

日本でシシケバブを作ってみたいという方は「シシケバブのレシピ」をご覧ください。
肉を調味料に漬け込み、グリルで焼くだけの簡単レシピを紹介しています。

ドネルケバブ


こちらは、日本でもお馴染みの「ドネル?ケバブ(D?ner Kebab?)」。
寫真は、イスタンブールにある、1974年創業の老舗専門店のドネルケバブです。

ドネルケバブは、トマトや玉ねぎやポテトなどの野菜と一緒に、ピタパンなどに挾んで食べるのが一般的。
お肉は、ラムなどの羊肉の他に、牛肉やチキンなどが使われることもあります。

ドネルケバブは、お肉の調理法がとてもユニークです。

薄切りにした肉をヨーグルトや調味料でマリネ。
それを垂直に積み上げるように串に刺し、回転させながらじっくりと焼き上げます。

注文が入ると、表面のこんがりと焼けた部分だけをそぎ切りにして、お客さんに供されます。

トルコの銀座通りとも言える一番の目抜き通り「イスティクラル通り」には、アイスクリーム屋さんとともに、ドネルケバブ屋さんがたくさん軒を連ねています。

「Sedef D?ner」のドネルケバブ
@トルコ イスタンブール


イスケンデル?ケバブ


こちらは、「イスケンデル?ケバブ(Iskender Kebab?)」。
トルコでも、とりわけ人気があるケバブです。

日本人にはあまり馴染みがありませんが、トルコ人に好きなケバブを聞くと、かなりの確率で「イスケンデル?ケバブ」という答えが返ってきます。

一口大に切った薄焼きパン(ピデ)の上に、ドネルケバブの薄切り肉をのせ、トマトソースとヨーグルトをかけたお料理です。

このケバブを考案したのはイスケンデルさんという方で、上の寫真は、イスケンデルさんの子孫が経営する、まさに発祥とも言えるお店の一皿。
仕上げに溶かしバターをたっぷりかけるのが特徴です。

「Kebap?? Iskender」のイスケンデルケバブ
@トルコ イスタンブール


アダナ?ケバブ


ケバブのバリエーションをあともう1つご紹介します。
アダナというトルコ南部の街の名物料理、「アダナ?ケバブ(Adana Kebabi)」です。

このケバブは、塊肉ではなく、叩いた肉を使うのが特徴。
弾力のある食感で、他のケバブとくらべるとややスパイシーな味付けになることが多いです。

先に紹介した「シシケバブ」の、肉々しいしっかりとした食感が食べにくいという方は、是非このケバブを食べてみてください。

「Three Partners Cafe & Restautant」のアダナケバブ
@トルコ イスタンブール


キョフテ

トルコの肉料理だったら、キョフテ(k?fte)もとても人気があります。

キョフテは、簡単に説明すると、トルコ風ハンバーグ。
羊肉が使われることがほとんどで、弾力のある食感で、ほんのりスパイシーです。

ただ、トルコの超人気専門店のキョフテを食べると、日本のハンバーグとは似て非なるものであることがよく分かります。

ウズガラ?キョフテ


こちらは、キョフテの中でも最もポピュラーな、「ウズガラ?キョフテ(Izgara k?fte)」。
寫真は、イスタンブールの超人気店、「Tarihi Sultanahmet Koftecisi Selim」の一品です。

このお店の「ウズガラ?キョフテ」は、初めて食べたときに、美味しすぎて衝撃が走りました。
どうすればこんな弾力が出るのかと思うほど、インパクトのある食感。
そして、ものすごく深い、肉の旨み。

肉の魅力をぎゅっと凝縮したようなお料理で、私にとって、生涯忘れられない味です。
現地に旅行したら、ぜひ「Tarihi Sultanahmet Koftecisi Selim」に寄ってみてください。

ちなみに、こちらのお店では、キョフテを炭火焼きしていますが、他にも、鉄板で焼いたり、また油で揚げたりする調理法もあります。
また、「イズミル?キョフテ(Izmil k?fte)」(寫真)のように野菜と一緒に肉だねを煮込む場合もあります。

「Tarihi Sultanahmet Koftecisi Selim」のウズガラキョフテ
@トルコ イスタンブール

日本の食材をもとにウズガラ?キョフテを簡単に手作りしてみたいという方は「キョフテのレシピ」を參考にしてください。
本場の超人気店には及びませんが、キョフテの感じが、何となく摑めると思います。


イリチ?キョフテ

こちらも、キョフテの一種。
「イリチ?キョフテ(I?li k?fte)」と言って、こちらも食べ出したら止まらない美味しさです。
現地のトルコ人にも人気がある定番メニューです。

イリチ?キョフテは、中にひき肉のタネが入ったピロシキのようなお料理で、皮はブルグルと呼ばれるひき割り小麥を練って作ります。

ブルグルの粒々が少し殘ったカリッとした皮と、コクのある肉だねが絶妙にマッチします。

「Can Can Cafe Restaurant」のイリチキョフテ
@トルコ カッパドキア


ドルマ

ドルマ(Dolma)は、野菜の中に、米や肉などの詰め物をしたお料理の総稱です。

詰め物をする野菜(器代わりにする野菜)は、ピーマン?ズッキーニ?トマトなど。
他にも、キャベツや葡萄の葉でくるっと巻いたドルマもあります。

中に詰めるものは、ハーブや野菜を米に混ぜたものが一般的です。
それ以外にも、肉を混ぜて豪華に仕上げるレシピもあります。

傾向としては、肉なしのドルマは、前菜(メゼ)として供されることが多いです。
一方で、肉を使ったドルマは、メイン料理になることもあります。

寫真は、米とハーブが詰まった、ポピュラーな肉なしのドルマ。
さっぱりとした味で、トルコのお酒「ラク」と相性がとてもいいです。

左の寫真は、ブドウの葉を使った「ヤプラック?ドルマス(Yaprak Dolmasi)」。
ブドウの若葉をさっと湯がいたものか、塩漬けにしたものが使われます。

中身はこちらも基本的に、米やハーブとシンプル。
塩気がしっかり効いていて、ほのかな酸味もあり、爽やかです。
このドルマは、朝食に供されることもあります。

こちらは、ムール貝を使ったドルマ「ミディエ?ドルマス(Midye Doimasi)」です。

イスタンブールやイズミルなど、海に近い地域でよく食べられるドルマで、ムール貝の中にお米などを詰めたお料理です。
ムール貝の旨味がご飯に染みていて、とても美味しいです。

「armada restaurant」のピーマン&ズッキーニドルマ
@トルコ イスタンブール


ピーマンドルマを日本で手作りしてみたいという方は「ドルマのレシピ」を參考にしてください。

日本食のおかずにもなる、お肉をたっぷり使ったドルマを紹介しています。
本場でポピュラーな、鍋を使ってドルマを煮込む方法を解説していますので、參考にしてください。


ピルゾラ

トルコの肉料理だったら、シンプルなラムチョップ「ピルゾラ(Pirzola)」もおすすめです。

トルコは、とにかく羊肉がとっても美味。
クセがなくて旨味がしっかりした、日本ではなかなか食べられそうにないハイクオリティーな羊料理が、街なかの大衆レストランで食べられます。

「Galata Sembol Balik Restaurant」のピルゾラ
@トルコ イスタンブール


メゼ(前菜)の定番料理

ここからは、トルコ料理のメゼ(Mezeler)として供される定番メニューをいくつかご紹介します。

メゼとは、メイン料理が來る前につまむ前菜のことです。
1品づつ小皿料理として出されることもありますし、數品が盛られた大皿料理として出されることもあります。

メゼ向けの定番メニューとしては、先に紹介した「ドルマ」の他に、フムス?ジャジュク?ハイダリ?アジルエズメなどが挙げられます。

下の寫真は、メゼの寫真です。
各番號は、次のメニューと対応しています。

① ブドウの葉のドルマ
② フムス
③ ジャジュク
④ アジルエズメ


こちらのメゼは、中央に、トマトの皮で作ったバラの花があしらわれていて、とても豪華です。

先に紹介した定番メニューの他に、インゲン豆の煮込みやナスの冷菜も添えられています。

「Istanbul Kebab Cafe Restaurant」のメゼ
@トルコ イスタンブール



こちらも豪華なメゼ。
棒狀に切ったきゅうりの仕切りは、日本でも使えそうなナイスアイデアです。

「Istanbul Anatolian Cuisne」のメゼ
@トルコ イスタンブール


フムス


メゼ(前菜)を注文すると、必ずと言って良いほど出てくるのが、この「フムス(Humus)」。
ひよこ豆を使ったペーストのことで、パンなどに付けて食べるのが一般的です。

トルコ料理というよりは、中東や地中海沿岸など広域で食べられています。

寫真のフムスは、茹でてペースト狀にしたひよこ豆に、タヒニ(練ごま)の風味と塩気をほど良く効かせたシンプルな味付け。
材料は本當にこれだけ?と思ってしまうくらい深いコクがあって、とても美味しいです。

ちなみに、味付けには、オリーブオイルやレモンやハーブなどもよく使われます。

「Cancan Cafe Restaurant」のフムス
@トルコ カッパドキア

フムスのレシピ」はリンク先を參考にしてください。
ベーシックなフムスの作り方のコツなども解説しています。

ジャジュク


「ジャジュク(Cacik)」も、トルコのメゼに欠かせないメニューです。

作り方はとても簡単。
千切りもしくはすりおろしたきゅうりに、ヨーグルト?おろしにんにく?ディルやミントなどのハーブ?塩を混ぜるだけ。

しっかり水切りしたヨーグルトを使ったジャジュクは、トルコの地酒「ラク」のおつまみとしても人気があります。
また、水気を補ってスープのように仕上げたジャジュク(寫真)は、食事の付け合わせにされることも多いです。

爽やかな後味で、ケバブなどの肉料理との相性もバッチリです。

「Three Partners Cafe&Restautant」のジャジュク
@トルコ イスタンブール

ジャジュクは、トルコの隣國ギリシャでは「ザジキ」と呼ばれて親しまれています。

ジャジュク(ザジキ)のレシピ」は、リンク先を參考にしてください。


ハイダリ


こちらもメゼの定番「ハイダリ(Haydari)」です。

先に紹介した「ジャジュク」と同じくヨーグルトベースのお料理ですが、こちらは、おろしにんにくとハーブ(ディルやミントなど)を使ったシンプルなディップ。

トルコで人気の白チーズ「ベヤズ?ペイニール(Beyaz Peynir)」を風味付けに加わえることもあります。

「venus hotel」のハイダリ
@トルコ パムッカレ


アジル?エズメ

「アジル?エズメ(Acili Ezme)」は、唐辛子を使ったピリッと辛いペースト。
にんにく?玉ねぎ?パプリカ?きゅうりなどの野菜を細かく刻んで使います。
パンと好相性です。

「Three Partners Cafe&Restautant」のアジルエズメ
@トルコ イスタンブール

ターゼ?ファスリエ

トルコは、日本とくらべて、野菜の味がとても濃いです。
味がしっかりしたトルコの野菜を少し気長にコトコト煮ると、さらに美味しさがアップ。
飽きずにいくらでも食べられます。

「ターゼ?ファスリエ(Zeytinya?l? taze fasulye)」は、そうした野菜の煮物の中でも、とりわけ食べていただきたいメニューの一つ。
人気店のターゼ?ファスリエは、さやいんげんの煮物の概念が覆されるほど美味しいです。
味付けには、深い旨味のあるトルコのトマトペースト「サルチャ(Sal?a)」を使います。

レストラン「Kayas」のターゼファスリエ
@トルコ パムッカレ

日本のいんげんをもとに手作りしてみたい方は、「ターゼ?ファスリエのレシピ」を參考にしてください。

クル?ファスリエ


こちらは、「クル?ファスリエ(Kuru Fasulye)」。
白いんげん豆の煮込みです。
ちなみに、「ファスリエ」とは、煮込み料理を指します。

トルコでは、先に紹介した「サルチャ(Sal?a)」というトマトペーストを料理に多用します。
サルチャは、日本で言う醤油や味噌のような大事な調味料です。

ケバブやキョフテの味付けにも使われますし、スープや煮物にも加えられます。
このお料理にも、サルチャの奧行きのある風味が活かされています。

日本では外食として豆の煮物を食べる機會はあまり多くないと思いますが、トルコの大衆レストランでは、けっこうな確率でこの豆の煮物に出會います。

「armada restaurant」のクルファスリエ
@トルコ イスタンブール

ムサカ


こちらは「ムサカ(Musakka)」。

ムサカと言えば、日本ではギリシャ料理として知られていますが、実はトルコが本家だと言う人もいます。

ギリシャのムサカ(寫真)は、ナスやじゃがいもなどの野菜、ミートソースに加えて、ホワイトソースをたっぷり使って層狀にして焼き上げます。

でも、トルコのムサカはホワイトソースを使わないのが特徴です。

上の寫真では隠れて見えませんが、耐熱皿の上には、たっぷりの油で焼いたナスが乗っています。
そしてその上に、羊肉?ピーマン?トマトなどで作った煮込みをかけ、オーブンで焼き上げます。

なすの美味しさが引き立つ、こってりとした食べ応えのあるムサカで、ギリシャとはまた違った魅力があります。

「Istanbul Kebab Cafe Restaurant」のムサカ
@トルコ イスタンブール


カルヌヤルク

この「カルヌヤルク(KarniYarik)も、先に紹介したムサカと同じく、オーブンを使った煮込み料理の定番メニューです。

カルヌヤルクとは、「お腹を割く」という意味で、柔らかく揚げた茄子のお腹をさいて、そこにひき肉を詰めて煮込んで作ります。
茄子が油をしっかり吸うので、こちらもこってりとした味わい。
少量でも満足できるお料理です。

「kayas」のカルヌヤルク
@パムッカレ トルコ


ファラフェル

「ファラフェル(Falafel)」は、トルコ料理と言うよりは、中東及び地中海沿岸の広域で伝統的に食べられているメニュー。
主にひよこ豆で作られるコロッケです。

國や地域によって形や食感や味付けがかなり異なりますが、日本のコロッケよりもややしっかりめの食感で、ほんのりスパイシーなところが特徴です。

ビールなどのお酒のおつまみにぴったりです。

「Mozaki Cafe Restaurant」のファラフェル
@トルコ イスタンブール

ファラフェルを日本で作ってみたいという方には「ファラフェルのレシピ」がおすすめです。

リンク先では、トルコの料理のプロに教わったアイデアをいかした簡単レシピを紹介しています。


カラマル?タワ


こちらは、イカのリング揚げ。
トルコでは、「カラマル?タワ(Kalamar Tava)」と呼ばれています。

味付けは、ほぼ塩だけとシンプルなので、日本のイカフライととても良く似ています。
たっぷりのタルタルソースを添えていただくのがトルコ流です。

「Semazen Restaurant」のカラマルタワ
@トルコ イスタンブール


チョバンサラタス

こちらは、トルコで一番人気のサラダ「チョバンサラタス(Coban Salatasi)」。
どこのレストランにもある定番メニューの1つです。

チョバンは、羊飼いの意味。
もともとは、遊牧民が家畜を放牧している時に食事として食べていたサラダですが、今では一年中食べられています。

忙しい時でも簡単に作れるサラダ。
トマト?きゅうり?ピーマン?玉ねぎなどを角切りにして、お皿に盛ったら完成です。
お好みでハーブやオリーブオイル?レモン?塩などで味付けしていただきます。

「La Vida A la Carte」のチョバンサラタス
@トルコ カッパドキア


メルジメッキ?チョルバス

こちらは、トルコの定番スープ「メルジメッキ?チョルバス(Mercimek ?orbasi)」です。
レンズ豆をたっぷり使ったスープで、とろっとした食感。

優しい味わいが魅力です。

「akdamar lokantasi」のメルジメッキチョルバス
@トルコ イスタンブール


ギュベチ

「ギュベチ(Güve?)」は、トルコの土鍋料理。
お肉に數種類の野菜を合わせた煮込み料理で、トマトの旨味がじんわり馴染んでいて美味しいです。
羊肉の他に、牛肉や鶏肉などが使われることもあります。

寫真のギュベチは、仕上げにピラウ(トルコのピラフ)がトッピングされています。

「Venus Suite Hotel」のギュベチ
@トルコ パムッカレ


ピラウ(ピラフ)

「ピラウ(Pilav)」は、ピラフの語源とされているトルコ語。

トルコのピラフには何パターンかあって、米にパスタ混ぜたもの、「ブルグル」と呼ばれるひき割り小麥で作られもの、「クスクス」という粒狀のパスタが使われたものなどが有名です。

またピラウは、ケバブをはじめとした肉料理の付け合わせとして供されるメニューでもあります。

寫真右上に盛られているのがピラウ。
米に混ぜられた茶色いものはパスタです。

上の大きな寫真は、イスタンブールの人気店で食べた一皿。
トラブゾンという黒海沿岸の街で人気の老舗ピラウ屋の、イスタンブール支店です。

ブイヨンで炊いたさっぱりとしたライスに、いんげんの煮込み(クル?ファスリエ)と羊肉の煮込みを添えていただきます。

「Tarihi Kalkano?lu Pilavc?s?」のピラウ
@トルコ イスタンブール

メネメン

「メネメン(menemen)」は、朝食によく食べられる卵料理。
トルコ風スクランブルエッグです。

トマトや玉ねぎやピーマンなどの野菜をバターで炒め、溶いた卵を回し入れ、ハーブや塩で味付けします。
お好みでチーズを加えると、よりとろっとして美味しいです。

「Ehli Keyf Cafe」のメネメン
@トルコ イスタンブール


サバサンド


こちらは、イスタンブールの観光スポット「ガラタ橋」で人気の名物料理「サバサンド」です。

トルコ語では、「バルック エキメッキ(Balik Ekmek)」と呼ばれています。
バルックは魚のこと、エキメッキはトルコ風フランスパンを指します。

シンプルに塩焼きにしたサバは、ふんわりとした軽い食感で、トルコの柔らかいフランスパンとよく馴染みます。
サバの他に使う具材は、玉ねぎとレタスだけ。
レモン汁をかけていただきます。

ガラタ橋のサバサンド
@トルコ イスタンブール

トルコのサバサンドを日本で手作りしたい方は「サバサンドのレシピ」を參考にしてください。

どこのスーパーにもある塩サバを使って簡単に作る方法を紹介しています。


シガラ?ボレイ

「シガラ?ボレイ(Sigara B?re?i)」は、チーズ入り春巻きのようなお料理。

たばこ(Sigara)のように細長い形をしていることから、この名前があります。

本場トルコでは、ユフカという小麥粉の皮を使って白チーズ(寫真)をクルッと巻き、油で揚げます。

ユフカは、手作りする家庭もありますが、春巻きの皮のように市販品も売られています。
春巻きの皮よりも少し厚みがあり、ややふんわりとした食感です。

「kayas」のシガラボレイ
@パムッカレ トルコ


マントウ

マントウ(Manti)は、トルコ風ラビオリのこと。
水餃子と言っても良いかもしれません。

羊肉や野菜で作ったあんを、薄く伸ばした小麥粉生地で包んでさっと茹でたお料理。
お好みでヨーグルトソースやトマトソースをかけていただきます。
ツルンとした食感で、さっぱりしています。

上の寫真では分かりにくいですけど、こんな感じの小さな水餃子のようなものを茹でて使っています。

ちなみにこれは、スーパーで売られている市販品のマントウ。
手間がかかるお料理なので、最近は出來合いで済ませる家庭も多いようです。

「Turkish Ravioli Restaurant」のマントウ
@トルコ カッパドキア


ピデ

ピデ(Pide)は、トルコで伝統的に食べられているピザのこと。
イタリアのピザの原型とも言われています。

円形ではなく、先の尖った舟型をしているのが特徴です。

作り方もイタリアのピザととてもよく似ていて、発酵させた生地を伸ばし、ひき肉?サラミ?チーズ?卵などをたっぷりとのせ、石窯でさっと焼き上げます。

寫真は、イスタンブールにある老舗ピデ屋の人気メニュー。
皮はややしっかりめの食感で、超具だくさんです。

「Hocapasa Pidecisi」のピデ
@トルコ イスタンブール


ラフマジュン

これは「ラフマジュン(Lahmacun)」というトルコ料理。

薄く伸ばした小麥粉生地に、ひき肉?玉ねぎ?トマト?ピーマン?ハーブなどを細かく刻んだ具材をのせ、オーブンで焼き上げます。

生地はふんわり軽い食感です。
ピリッとした辛さのあるトマト風味で、ビールのおつまみにぴったりです。

「Bihari Ocakbasi Restaurant」のラフマージュン
@トルコ イスタンブール

ギョズレメ

「ギョズレメ(Gozieme)」も、薄く伸ばした小麥粉生地を使ったトルコ料理。

先に紹介したラフマジュンとは対照的で、あらかじめ生地をたたんでから焼きます。

こちらの中身は、炒めたほうれん草とチーズがポピュラーで、マイルドな味わいが魅力。
朝食でもよく食べられるメニューです。

「Ehli Keyf Cafe」のギョズレメ
@イスタンブール トルコ


トルコのお菓子

次に、トルコ料理の定番スイーツをご紹介します。

中でもとりわけ人気があるのは、英語で「ターキッシュ?ディライト(トルコの悅び)」と呼ばれて親しまれている、ゆべしのような食感の「ロクム」。

そして、トルコのとっても甘いお菓子の代表格「バクラヴァ」です。

ロクム

まずご紹介するトルコのお菓子は「ロクム(Lokum)」です。

ロクムは、砂糖とでんぷんを混ぜて作るトルコの伝統的なスイーツで、隣國のギリシャや中東地域でも、似たようなお菓子が食べられています。

すでにお伝えした通り、ゆべしや求肥ぎゅうひのような柔らかい食感で、ものによってはたっぷりのナッツやドライフルーツを練り込んだ豪華なロクムもあります。
また、フルーツやチョコレートなどのフレーバーが付いているものもあり、バリエーションが豊富で食べ飽きません。

ロクムは、トルコのスイーツの中では比較的甘さが控えめですし、見た目もきれいなので、お土産としてもおすすめです。

「Hafiz MuStafa」のロクム
@トルコ イスタンブール

ちなみに、ロクムは日本でも簡単に作れます。

ロクムのレシピ」では、トルコの老舗菓子店風のシンプルな作り方を紹介しています。

主な材料は、グラニュー糖?コーンスターチ?クルミ。
調理時間は、たったの10分です。


バクラヴァ

「バクラヴァ(Baklava)」は、トルコの甘いお菓子の代表格です。
お店によっては、日本人には馴染めない、甘過ぎるバクラヴァもたまにあります。

なぜ、トルコのお菓子はこんなに甘いのか。
それは、お酒を一切飲まないイスラム教徒が多くいらっしゃるからかもしれません。
お酒の代わりにスイーツを楽しんでいるようにも思えます。

さて、バクラヴァは、透けるくらい薄く伸ばした小麥粉生地を何層にも重ね、その中にピスタチオやクルミなどのナッツを散りばめて、オーブンで焼いたもの。
焼き上がりに、こってりと甘いシロップをしたたるくらいたっぷりとかけたら完成です。

ちなみに、日本人にも合う甘さ控えめのバクラヴァが食べたいという方には、イスタンブールにあるバクラヴァの超人気店「karakoy gulluoglu」がおすすめです。
上の寫真は、同店のバクラヴァ。
ナッツをたっぷり使ったリッチなバクラヴァで、地元のトルコ人や観光客にも定評があります。

「Karakoy Gulluoglu」のバクラヴァ
@トルコ イスタンブール

バクラヴァを日本で手作りしてみたいという方には「バクラヴァのレシピ」がおすすめです。

料理の片手間でも作れる、冷凍パイシートを使った超簡単レシピを紹介しています。


ドンドゥルマ(のびるアイス)


トルコのスイーツと言えば、日本では、もしかしたら、のびるアイスが一番よく知られているかもしれません。

このような不思議なアイスの畫像を、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。
なかなかインパクトがありますが、トルコではごく普通のアイスなんです。

粘りが強い理由は、ランの根を原料にしたサーレップの粉を使っているから。
トルコでこのアイスは、「ドンドゥルマ(Dondurma)」と呼ばれています。

ねっとりと舌に絡みつくような食感で、濃厚な味に感じられます。

トゥルンバ

「トゥルンバ(Tulumba)」は、先に紹介したバクラヴァと同じく、激甘なスイーツです。

一口大に揚げたドーナツをたっぷりのシロップに浸したもので、甘過ぎて食べ切れないこともしばしば。

そんな刺激的なドーナツを、寫真のように皿にたくさん盛って食べるのがトルコ流です。

「karakoy gulluoglu」のトゥルンバ
@トルコ イスタンブール


キュネフェ

「キュネフェ(Künefe)」は、チーズを使ったトルコのスイーツです。

のびる白チーズが生地の中に挾まっていて、コクのある甘い蜜が全體にかかっています。
トッピングの緑の粉は、ピスタチオパウダーです。

こちらは、キュネフェを作っているところ。

キュネフェ作りには、カダイフという極細の麺狀の生地を使います。
金屬製の皿の上にカダイフを広げ、その上にチーズをのせ、さらにその上にカダイフをかぶせて焼き上げます。
焼き上がったら、はちみつなどを使った甘い蜜をたっぷりかけます。
これで完成です。

表面はパリッとした食感。
お味の方は、濃厚な甘みとのびる白チーズのさっぱりとした味がよく合います。

「Lezzet-i Sark」のキュネフェ
@トルコ イスタンブール


カザンディビ

「カザンディビ(Kazandibi)」は、牛乳を使った焼き菓子。
もっちりとした食感が特徴で、表面のカラメル味がよく合います。

レストランの他に、お菓子屋さんでも置いているところが多いです。

「Hafiz MuStafa」のカザンディビ
@トルコ イスタンブール


トルコのパン

続いて、トルコの代表的なパンをご紹介します。

エキメッキ


トルコ人が最もよく食べるパンと言えば、このフランスパン風「エキメッキ(Ekmek)」です。

トルコ人の主食とも言えるパンで、街のいたるところで売られています。
先に紹介した「サバサンド」に使われるのもこのパン。
ごく普通のフランスパンとくらべると、全體的に柔らかいのが特徴です。


ピデ?エキメッキ


こちらは、中東風の平焼きパン「ピデ?エキメッキ(Pide Ekmek)」。

レストランで出てくるパンは、このような平たいタイプがポピュラーです。
しっかりとした弾力があり、かなり食べ応えがあります。

イスタンブールのレストランでは、このような中が空洞になった大きなパンが出てくる場合もあります。

こちらも名前は「エキメッキ」。
表面がカリッとしていて、中はしっとり。
トッピングされているのはゴマではなく、ブラッククミンシードです。

ちなみに、日本のトルコ料理店では、これを小さくしたようなパンが供されることが多いです。


シミット

こちらは「シミット(スィミット:Simit)」というリング狀のパン。

屋臺でよく売られているパンで、トルコ人のおやつとして人気があります。

もっちりとした食感で、ほのかな甘みがあり、表面にごまがたっぷりかかっているのが特徴。
風味豊かでとても美味しいです。


トルコの飲み物?アルコール

ここからは、トルコでよく飲まれているお茶?コーヒー?ソフトドリンク?アルコールなどをご紹介します。

トルコにはイスラム教徒が多いので、レストランに入ってもアルコールが無いこともよくあります。
アルコールを一切飲まない人々が親しんでいるのは、トルコの國民的飲み物「アイラン」、そして甘い「トルココーヒー」や「チャイ」です。

アイラン


こちらは、「アイラン(Ayran)」。
トルコ人がよく飲むヨーグルトドリンクです。

インドのラッシーと違うのは、甘みを一切加えないこと。
アイランは、ヨーグルトに塩を混ぜるだけで作れます。

日本人には飲み慣れない味かもしれませんが、さっぱりとしていて意外な美味しさです。

アイランは、自宅で手作りする方が多いようですが、トルコのスーパーでは、市販の大容量のアイランも売られています。
アイランは、糖分を一切加えないので、ダイエット中でも気軽に飲めますし、食事と合わせることもできます。

作り方はとても簡単。
アイランのレシピ」を參考にしてください。


トルココーヒー

トルコの有名な飲み物と言えば、トルココーヒーも外せません。

トルコの伝統的なコーヒーは、無形文化遺産にも登録されており、トルコ語で「テュルク?カフヴェスィ(Türk Kahvesi)」と言います。

トルココーヒーは、コーヒーの粉を煮出して作るのが特徴で、苦味が強くて濃い味がしますが、砂糖を多めに加えると、味に丸みが出て飲みやすくなります。

また、小さめのカップに注いで、甘いお菓子と一緒にいただくのがトルコ流。
少量でも満足できる濃厚な美味しさです。

トルココーヒーに使う豆やコーヒーの淹れ方について詳しく知りたい方は、「トルココーヒーの作り方」をご覧ください。
トルココーヒーの魅力を徹底的に解説しています。

トルコ紅茶 チャイ


トルコ人が一番よく飲むものと言えば、もしかしたら、先に紹介したコーヒーやアイランではなく、「チャイ(?ay)」かもしれません。

トルコでは、ほっと一息つきたい時に、必ずと言って良いほどチャイを飲みます。
人によっては、1日に十杯ものチャイを飲むそうです。

トルコの紅茶は、茶葉を煮出して作るので、かなり味が濃く、また渋みが強いです。
この濃い紅茶に、砂糖をたっぷり加えるのがトルコ流。
でも最近では、ダイエットのために、砂糖なしで飲むトルコ人も増えています。

トルコでは、チャイに甘いお菓子を合わせるのが定番です。

甘いチャイに甘いお菓子の組合わせ。
しかも、どちらもかなり甘みが強いですけど、チャイの苦味や渋味がけっこういいんです。
試してみると意外としっくり來ます。

ちなみに、チャイに合わせるお菓子として特に人気があるのは、先に紹介した「バクラヴァ」と「ロクム」です。

トルコのチャイの淹れ方や飲み方は「トルコの紅茶 チャイの作り方」で詳しく紹介しています。
ぜひ合わせてご覧ください。

ラク


お酒が飲めるトルコ人に「好きなお酒は何?」と聞くと、決まって「ラク」という答えが返ってきます。

ラク(Raki)は、トルコ人が愛する地酒です。

アルコール度數は45度くらいとかなり高いですけど、ほんのりとした甘みがあるので、女性でも割と飲みやすいと思います。
アニスというハーブの香りが付いているのが特徴で、爽やかな味わい。
水割りにするのが最もポピュラーです。

ラクは、トルコのメゼと相性バッチリですよ。

ビール?ワイン

トルコのビールだったら「エフェス?ピルゼン(Efes Pilsen)」が最もポピュラーです。
エフェスは、日本のビールに似たようなライトな味で飲みやすいです。

そして、ワインだったら、「ヤクーツ(Yakut:赤)」や「チャンカラ(Cankaya:白)」が代表的。
トルコ屈指の観光地、カッパドキア産のワインも定評があります。


屋臺料理

トルコの街を賑わす屋臺にも、美味しい食べ物が多いです。

たとえば、焼きとうもろこしの屋臺はよく見かけます。
美味しそうに焼かれたとうもろこしの脇には、必ずと言って良いほど焼き栗も並んでいます。



ザクロジュース屋さんも比較的よく見かけます。

ザクロジュースは、そのまま飲むとややクセがあり、味はかなり濃厚ですが、オレンジなどで割ると飲みやすいです。


こちらは、ムール貝を売る屋臺というわけではありません。

私もはじめはそう思いましたが、これは「ミディエ?ドルマス」を売っているところです。

こちらが、その「ミディエ?ドルマス(Midye Doimasi)」。

ムール貝の脇にレモンがあったら、それは「ミディエ?ドルマス」の屋臺です。
この屋臺は、イスタンブールやイズミルなど海沿いの街でしか見られません。

ミディエ?ドルマは、お酒のおつまみにもぴったりですよ。


以上、トルコ料理の定番メニューを中心にお伝えしました。

トルコ料理は、日本では馴染みのないものが多いですけど、食べてみると、どれもとても美味しいです。
さすが世界三大料理のうちの1つ。

優しい味付けのものがほとんどなので、日本人の口にも合いやすいですよ。

日本のトルコ料理店を紹介

日本のおすすめトルコ料理店8選

ところで、當サイトでは、日本のおすすめトルコ料理店も紹介しています。

東京と橫浜にある、8軒のレストラン。
リンク先では、それぞれのお店の特徴と、そのお店でいただけるメニューを、豊富な寫真とともにお伝えしています。

紹介しているお店は下の通りです。
合わせてぜひ參考にしてください。

  • ブルガズ?アダ(東京?麻布十番)
    日本で唯一のオスマン帝國料理専門のレストラン。高級店。
  • イズミル(東京?阿佐ヶ谷)
    都內の人気店。口コミサイトでも高評価。
  • スターケバブ(東京?秋葉原)
    ケバブ専門店。ファーストフード店だが味は本格的。
  • カルタゴ(東京?中野)
    トルコ料理を含めた地中海沿岸の國々の料理をいただけるお店。
  • ジェイハン(神奈川?橫浜)
    橫浜エリアの人気店。家庭的な雰囲気の中で本格トルコ料理をいただける。
  • イスタンブール(東京?銀座)
    日本で最初にオープンしたトルコ料理店。銀座のコリドー街の一等地。ベリーダンスショーあり。
  • ヒサル(東京?大久保)
    カジュアルなレストラン。手頃な値段でトルコ料理を楽しめる。
  • アンカラ(東京?渋谷)
    隠れ家的なレストラン。地下だが店內は明るく広々。ベリーダンスショーあり。

また、當サイトでは、現地トルコでの経験をもとに、トルコ料理やトルコの観光スポットについて、別記事で詳しく解説しています。
次の記事もあわせてご覧ください。

関連記事

トルコヨーグルトを徹底解説。肉料理のソースにも合う!特徴や作り方。

トルコヨーグルトの作り方や料理に使う方法などを、現地トルコから詳しくお伝えします。トルコでは、ヨーグルトは、日々の生活に欠かせない…

キョフテの本場風レシピ!人気トルコ料理の作り方を現地より紹介。

キョフテ(k?fte)のレシピを本場トルコよりご紹介します。キョフテとは、羊肉を、玉ねぎ?パセリ?スパイスとともに練った小型ハンバ…

じゃがいもとひき肉レシピ。簡単レンジ蒸し!火を使わないお手軽おかず。

ひき肉とじゃがいもを具材にした、お手軽料理のレシピをご紹介します。電子レンジを使った蒸し料理で、作り方はとても簡単です。味噌風味の…

オクラの肉巻きレシピ。かんたん豚バラ巻き!お弁當にもおすすめ。

オクラの肉巻きのレシピをご紹介します。豚バラ肉を具材にした濃厚な味わいの肉巻きで、味付けは、醤油とみりんを使った人気の甘辛味。オク…

トルコ紅茶「チャイ」の作り方や飲み方を解説!グラスやポットも紹介。

トルコの紅茶は、トルコ語で「チャイ(?ay)」と言います。チャイと言えば、インドのミルクティーを思い出す方も多いかもしれません。で…

キャベツと梅干しのサラダレシピ。梅肉の酸味が旨い!さっぱり梅キャベツ

キャベツと梅干しを使ったサラダのレシピをご紹介します。キャベツをざく切りにして、梅干し?ごま油?醤油などで味付けをする、さっぱりと…

トルコ料理のおすすめ店8選!東京?橫浜のおいしいレストランを紹介。

トルコ料理のおすすめ店をご紹介します。東京と橫浜にある、8軒のレストラン。それぞれのお店の特徴と、そのお店でいただけるメニューを、…

シシカバブの本格レシピ!トルコの人気肉料理、ケバブの作り方と食べ方。

シシカバブ(シシケバブ:shish kebab)の本格レシピをご紹介します。シシカバブとは、西はトルコ、東はインドまで、中東を中心…

おすすめ記事

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

人參ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

ほっこり溫まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

幅広い料理に使える!しいたけの下ごしらえ。下処理の方法を動畫で解説。

味見がとにかく大事!數の子の塩抜き。戻し方などの下ごしらえを解説。

冷凍も便利!しいたけの保存方法と保存期間。生椎茸を日持ちさせるコツ

切り干し大根の戻し方。基本は水で時短ならレンジ。戻さない方が良い場合も

水ではなく熱湯で!ドライトマトの戻し方と使い方。酢を加えて旨味キープ

賢く使い分け!しいたけの切り方6パターン。それぞれの名前と使い方。

人參の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

しいたけを洗うデメリット。汚れはなるべく拭き取る。味が落ちない洗い方も解説

しいたけの石づきの取り方と活用法。食べるのはNG!でも出汁は取れる。

焼き芋のトースターレシピ!さつまいもの甘みとねっとり食感が人気。

天日干しが一番!干し椎茸の作り方。室內乾燥でも旨味と栄養がアップ。

花切りから亀模様まで!しいたけの飾り切り。お灑落に可愛く見栄えをUP

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

冷水がベスト!干し椎茸の戻し方と戻す時間。早く戻すのならレンジもあり

干し椎茸の賞味期限と保存方法。基本は常溫。戻した後は冷凍もあり。

旨味も栄養も豊富!干し椎茸の戻し汁の使い方。保存方法やレシピも紹介。

鮭(生鮭?塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

熊本を代表する人気の郷土菓子、「いきなり団子」の作り方をご紹介します。輪切りにしたさつまいもとあんこを具材にした、シンプルでありな…

人參ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人參ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人參の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキ…

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

さつまいもの素揚げのおすすめレシピをご紹介します。さつまいもを少し太めのスティック狀に切って、さっと揚げるだけの簡単レシピ。油で揚…

ほっこり溫まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

ほっこり身體が溫まる、熊本の人気郷土料理、「だご汁(だんご汁)」のレシピをご紹介します。だご汁は、小麥粉と水を練ってのばした団子を…

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

さつまいも好きにおすすめの、熊本天草の郷土料理「がね揚げ」のレシピをご紹介します。がね揚げは、さつまいもを使った昔ながらの天ぷらで…

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

エリンギと豚バラ肉を使った肉巻きのレシピをご紹介します。ご飯がすすむ、王道の甘辛い肉巻きレシピ。エリンギの弾力のある食感としっかり…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麥粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとく…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい國。特に、羊肉(ラム肉)の味…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、寫真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているも…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海…

幅広い料理に使える!しいたけの下ごしらえ。下処理の方法を動畫で解説。

生しいたけの下ごしらえのやり方を解説します。しいたけを料理に使う際に必要な、下処理の手順についてです。

味見がとにかく大事!數の子の塩抜き。戻し方などの下ごしらえを解説。

數の子の塩抜きの仕方など、下処理の方法を解説します。數の子を上手に戻すには、水ではなく塩水を使ったうえで、急がずに時間をある程度か…

冷凍も便利!しいたけの保存方法と保存期間。生椎茸を日持ちさせるコツ

しいたけを安心して長期で保存したいのなら、冷凍保存するのがおすすめです。冷凍すると食感が劣化する野菜が多いなか、しいたけをはじめと…

切り干し大根の戻し方。基本は水で時短ならレンジ。戻さない方が良い場合も

切り干し大根(千切り大根)の戻し方を解説します。乾燥した狀態の切り干し大根を柔らかくするには、水を使うのが基本です。ごく一般的な千…

水ではなく熱湯で!ドライトマトの戻し方と使い方。酢を加えて旨味キープ

ドライトマトの上手な戻し方を解説します。ドライトマトには、大きく2種類があります。1つは、カラカラに乾燥させたもの。もう1つは、半…

賢く使い分け!しいたけの切り方6パターン。それぞれの名前と使い方。

しいたけでよく使われる切り方と、その名前と使い方を解説します。「花切り」や「四つ割り」、「そぎ切り」や「薄切り」など、合計6パター…

人參の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

人參の美味しい茹で方と茹で時間を解説します。人參は、水の狀態で鍋に入れて、じわじわと溫度を上げていくと、中心部分まで均一に火が入り…

しいたけを洗うデメリット。汚れはなるべく拭き取る。味が落ちない洗い方も解説

しいたけは、基本的には、調理の前に洗う必要はありません。むしろ、できるかぎり洗わないのがおすすめです。というのは、しいたけを洗って…

しいたけの石づきの取り方と活用法。食べるのはNG!でも出汁は取れる。

しいたけの石づきの取り方と使い道を解説します。石づきとは、しいたけに限らずキノコ全般にあり、原木や地面に接していた生え際の根元部分…

焼き芋のトースターレシピ!さつまいもの甘みとねっとり食感が人気。

焼き芋のトースター(オーブントースター)を使った簡単レシピをご紹介します。さつまいもは、中心部が70度くらいになるようにじっくりと…

天日干しが一番!干し椎茸の作り方。室內乾燥でも旨味と栄養がアップ。

生の椎茸を乾燥させて、干し椎茸を作る方法を解説します。椎茸の干し方には電子レンジやオーブンなどを使う方法もありますが、せっかく手作…

花切りから亀模様まで!しいたけの飾り切り。お灑落に可愛く見栄えをUP

しいたけの飾り切りの切り方を詳しく解説します。お伝えするのは2種類の飾り切り。「花切り」と「亀」です。花切り亀「花切り」は、しいた…

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方を解説します。刻み昆布とは、乾燥させた昆布を細切りにしたもののことで、切り昆布と呼ばれることもあり…

冷水がベスト!干し椎茸の戻し方と戻す時間。早く戻すのならレンジもあり

干し椎茸(乾しいたけ)の「戻し方」と「戻す時間」について解説します。干し椎茸を美味しく食べたいのなら、冷水を使って戻すのがダンゼン…

干し椎茸の賞味期限と保存方法。基本は常溫。戻した後は冷凍もあり。

干し椎茸(乾しいたけ)は、常溫保存に向いた食品です。開封前はもちろんのこと、開封後であっても、乾燥した狀態の干し椎茸は、常溫で保存…

旨味も栄養も豊富!干し椎茸の戻し汁の使い方。保存方法やレシピも紹介。

干し椎茸の戻し汁を有効活用する方法をご紹介します。干し椎茸を戻したあとに殘った戻し汁は、そのまま飲むとあまり美味しくありません。そ…

鮭(生鮭?塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

鮭の美味しい焼き方を解説します。用意する鮭は、塩鮭でも生鮭でもOKです。鮭の切り身を焼いて食べるのなら、魚焼きグリルを使うのが一番…

最新記事

芯まで美味しい!レタスしゃぶしゃぶ鍋のレシピ。鶏ガラ&豚肉でコク旨。

甘辛味噌でコク旨!かぼちゃと豚肉炒めのレシピ。ご飯との相性も抜群。

定番の美味しさ!ほうれん草の胡麻和えレシピ。ごまの風味でコク旨。

旨味広がる!しいたけチーズ焼きのレシピ。塩を揉み込み美味しさUP。

滋味深い!昆布の煮物レシピ。乾燥刻み昆布&かつおだしで旨味の相乗効果

芯まで美味しい!レタスしゃぶしゃぶ鍋のレシピ。鶏ガラ&豚肉でコク旨。

レタス1玉をペロッと美味しく食べられる、レタス鍋の作り方をご紹介します。レタスを芯まで殘さず使い、豚肉とねぎとえのきを合わせた、し…

甘辛味噌でコク旨!かぼちゃと豚肉炒めのレシピ。ご飯との相性も抜群。

豚肉とかぼちゃを使った、手軽でおいしい炒め物のレシピをご紹介します。甘辛い味付けが食欲をそそる、ご飯によく合うおかずのレシピです。…

定番の美味しさ!ほうれん草の胡麻和えレシピ。ごまの風味でコク旨。

ほうれん草の胡麻和えのおすすめレシピをご紹介します。だしを使った人気の基本レシピになっていて、作り方はとても簡単です。だしに醤油を…

旨味広がる!しいたけチーズ焼きのレシピ。塩を揉み込み美味しさUP。

しいたけとチーズを使った、旨味たっぷりの簡単おかずレシピをご紹介します。メインの食材は、しいたけとチーズの2つだけ。しいたけにチー…

滋味深い!昆布の煮物レシピ。乾燥刻み昆布&かつおだしで旨味の相乗効果

昆布を具材にした、旨味たっぷりの煮物レシピをご紹介します。美味しく作るためのポイントは、乾燥させた刻み昆布(切り昆布)を使うことで…

麻豆画精品传媒2021一二三区-艾秋麻豆剧果冻传媒在线播放 最新电影
连山| 明水县| 西安市| 通化县| 祥云县| 平顺县| 禹城市| 礼泉县| 井陉县| 五寨县|