やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

もやしのひげ根の取り方。根切りもやしのメリット?デメリットも解説。

投稿日:2020年5月6日 更新日:

もやしのひげ根の取り方

もやしのひげ根を取り方を動畫でご紹介します。
また、ひげ根を取ることのメリットとデメリットも、合わせてお伝えします。

もやしのひげ根とは

もやしのひげ根とは、もやしの根元に付いた、細い根っこの部分のことです。

どこの部分か分からない場合は、右の寫真を參考にしてください。

この根っこの部分を取り除いたもやしは、「根切りもやし」と呼ばれることもあります。

ひげ根を取るメリットとデメリット

もやしのひげ根をとり除くには、一つひとつを手でちぎっていくしかなく、作業自體は簡単なのですが、たくさんあると意外と面倒に感じます。

それでも、飲食店などでは、食感や見た目を良くするために、ひげ根を取ってから使うケースがわりと多いようです。

家庭料理では取らずに使うことも多い

ただ、一般の家庭では、そこまでの手間をかけずに、ひげ根が付いたまま使うことも結構あります。

それが必ずしも悪いわけではなくて、もやしのひげ根を取ることには、メリットでデメリットがあります。
それぞれについて解説します。

ひげ根を取るメリット

まずは、もやしのひげ根を取るメリットから。

見た目が良くなる

ひげ根の部分は、茶色っぽくて、あまり見た目がよくありません。
白くてツヤツヤした莖の中にひげ根が混じっていると、作る料理によっては結構目立ちます。

食感が良くなる

また、ひげ根の部分は食感がモソモソとしているので、そこを取り除くことで、もやしらしいシャキシャキした食感が際立って、口當たりがとても良くなります。

ちなみに、ひげ根と合わせて、もう一方の先端に付いた芽の部分も取り除くと、さらに食感がアップします。
ただし、普通のもやしではなく、「豆もやし」の場合は、豆の部分に獨特の味と食感があり、また栄養も豊富なので、そこの部分は殘し、ひげ根だけを取るのがおすすめです。

ひげ根を取るデメリット

続いては、ひげ根を取ることのデメリットについてです。

栄養が失われる

ひげ根には、もやしの他の部分と同様に、ビタミンCやミネラルなどの栄養素が豊富に含まれています。

また、食物繊維の含有量に関しては、ひげ根の方が他の部分よりも多いです。

ひげ根を取り除くと、こうした栄養を捨ててしまうことになりますし、そのうえ、ひげ根を切った切斷面から、殘りの栄養も流れ出てしまいます。
とりわけ、もやしを茹でるときなどは、栄養の流出に要注意です。


ちなみに、私は、普段の食事ではひげ根を取らずに使っており、來客時などに限ってひげ根を取ってから使うようにしています。
參考にしてください。

ひげ根の取り方

最後に、もやしのひげ根の取り方をご紹介します。

普通のもやしの場合


まず、もやし1本の太い部分を持ち、細くなる部分(ひげ根)を手でちぎります。

コツと言えるようなものは特になく、一つひとつ地道に取り除いていくしかありません。

もやしを水に浸さない

ひげ根を取る作業にはある程度時間がかかるので、もやしを水に浸したりせずに、まな板などの上に広げてから作業を始めるのがおすすめです。

水に浸けっぱなしにしておくと、その間に、ビタミンCやミネラルといった水溶性の栄養素や旨味が流れ出てしまいます。



次に、もう一方の芽も同じように、細くなる部分から先を手でちぎります。

これでお終いです。


豆もやしの場合


豆もやしの場合は、ひげ根だけを取ります。

あたまの豆の部分は、あえて殘すのがおすすめです。


以上、ひげ根を取ることのメリットとデメリットと、ひげ根の取り方についてお伝えしました。

もやしのひげ根を取るには、少し根気がいります。
余所よそ行きの料理でなければ、取らずに使うのもいいですよ。

人気レシピ集食材

もやしのレシピ(8品)

関連記事

もやしの下ごしらえ。必要な下処理はコレ!やり方を動畫で解説。

もやしの下ごしらえ(下処理)のやり方をご紹介します。もやしは、基本的には、袋から出して、洗わずにそのまま加熱するだけで美味しく食べ…

捨てずに活用!とうもろこしのひげ茶(コーン茶)のレシピ。効能も解説。

とうもろこしのひげ根は、普段捨ててしまいがちな部分ですが、実は、漢方薬として使われるほど健康効果に優れた食材です。この記事では、と…

もやしのナムルの作り方。にんにく風味がクセになる!簡単レンジレシピ。

もやしのナムルの作り方をご紹介します。電子レンジを活用した時短レシピで、調理時間はたったの5分。もやしをレンチンして、ごま油やにん…

旨味たっぷり!もやしの塩昆布炒めのレシピ。ごま油と生姜で風味アップ。

簡単で美味しい、もやしの炒め物のレシピをご紹介します。サッと炒めたもやしに塩昆布をプラスした、旨味たっぷりの一品。ごま油と生姜の風…

もやしの茹で方。茹でる時間を短くするのがコツ!豆もやしの茹で方も解説

もやしの茹で方と茹でる時間について解説します。もやしは、あまり長時間茹ですぎると、しなしなになってしまいます。もやしを加熱するのは…

もやしをレンジでチンする方法!電子レンジでの加熱時間とレンチンレシピ

もやしを電子レンジでチンする方法をご紹介します。もやしを加熱するにあたっては、鍋でゆでるよりも、レンジで蒸す方がおすすめです。レン…

もやしを洗う必要性。基本は洗わないが、臭いがあれば洗う。洗い方も紹介

もやしは、きれいな水で洗浄されてから袋詰めされているので、基本的には洗う必要はありません。新鮮なもやしだったら、むしろ洗わない方が…

もやしとわかめのサラダ。レンジで簡単!風味豊かなポン酢和えのレシピ。

もやしとわかめとポン酢を使った、簡単サラダのレシピをご紹介します。ポン酢の優しい酸味とラー油のピリッとした辛さが食欲をそそる、酢の…

おすすめ記事

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

人參ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

ほっこり溫まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

昆布の保存。常溫でもOKだが冷凍なら更に安心。表面の白い粉は旨味の元

まろやかな味わい!南蠻酢のレシピ。酸味と甘みを抑えた優しい味付け。

人參の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

焼き芋のトースターレシピ!さつまいもの甘みとねっとり食感が人気。

天日干しが一番!干し椎茸の作り方。室內乾燥でも旨味と栄養がアップ。

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

冷凍すれば長持ち!昆布だしの保存方法。冷蔵庫での日持ちは3?4日。

冷水がベスト!干し椎茸の戻し方と戻す時間。早く戻すのならレンジもあり

鮭(生鮭?塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

旨味が濃いのはコレ!しいたけのフライパンを使った焼き方。塩が秘訣

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

熊本を代表する人気の郷土菓子、「いきなり団子」の作り方をご紹介します。輪切りにしたさつまいもとあんこを具材にした、シンプルでありな…

人參ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人參ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人參の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキ…

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

さつまいもの素揚げのおすすめレシピをご紹介します。さつまいもを少し太めのスティック狀に切って、さっと揚げるだけの簡単レシピ。油で揚…

ほっこり溫まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

ほっこり身體が溫まる、熊本の人気郷土料理、「だご汁(だんご汁)」のレシピをご紹介します。だご汁は、小麥粉と水を練ってのばした団子を…

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

さつまいも好きにおすすめの、熊本天草の郷土料理「がね揚げ」のレシピをご紹介します。がね揚げは、さつまいもを使った昔ながらの天ぷらで…

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

エリンギと豚バラ肉を使った肉巻きのレシピをご紹介します。ご飯がすすむ、王道の甘辛い肉巻きレシピ。エリンギの弾力のある食感としっかり…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麥粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとく…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい國。特に、羊肉(ラム肉)の味…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、寫真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているも…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海…

昆布の保存。常溫でもOKだが冷凍なら更に安心。表面の白い粉は旨味の元

昆布の保存方法について解説します。昆布を保存する際のポイントは、次の3點です。乾燥狀態の昆布は常溫で保存できるが、冷蔵?冷凍ならさ…

まろやかな味わい!南蠻酢のレシピ。酸味と甘みを抑えた優しい味付け。

かんたんで美味しい南蠻漬のレシピをご紹介します。「南蠻酢」とは、南蠻漬けに使われる甘酸っぱいタレのこと。市販品もありますが、自宅で…

人參の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

人參の美味しい茹で方と茹で時間を解説します。人參は、水の狀態で鍋に入れて、じわじわと溫度を上げていくと、中心部分まで均一に火が入り…

焼き芋のトースターレシピ!さつまいもの甘みとねっとり食感が人気。

焼き芋のトースター(オーブントースター)を使った簡単レシピをご紹介します。さつまいもは、中心部が70度くらいになるようにじっくりと…

天日干しが一番!干し椎茸の作り方。室內乾燥でも旨味と栄養がアップ。

生の椎茸を乾燥させて、干し椎茸を作る方法を解説します。椎茸の干し方には電子レンジやオーブンなどを使う方法もありますが、せっかく手作…

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方を解説します。刻み昆布とは、乾燥させた昆布を細切りにしたもののことで、切り昆布と呼ばれることもあり…

冷凍すれば長持ち!昆布だしの保存方法。冷蔵庫での日持ちは3?4日。

昆布だしの保存方法を解説します。昆布だしは、常溫での保存には向きません。また、冷蔵庫で保存したとしても、賞味期限は3?4日ほどです…

冷水がベスト!干し椎茸の戻し方と戻す時間。早く戻すのならレンジもあり

干し椎茸(乾しいたけ)の「戻し方」と「戻す時間」について解説します。干し椎茸を美味しく食べたいのなら、冷水を使って戻すのがダンゼン…

鮭(生鮭?塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

鮭の美味しい焼き方を解説します。用意する鮭は、塩鮭でも生鮭でもOKです。鮭の切り身を焼いて食べるのなら、魚焼きグリルを使うのが一番…

旨味が濃いのはコレ!しいたけのフライパンを使った焼き方。塩が秘訣

フライパンを使った、しいたけの上手な焼き方をご紹介します。しいたけを焼く方法としてはトースターやグリルなどもありますが、その中で、…

最新記事

丸ごと使って風味をいかす!柚子ジャムの作り方。簡単マーマレードレシピ

重ねて美味しく!白菜とツナの煮物レシピ。くたくた白菜&しっとりツナ

下味をつけて冷凍OK!鮭の漬け焼きレシピ。作り置きやお弁當におすすめ

上品な甘み!甘酒の卵焼きレシピ。しっとり感キープでお弁當にもおすすめ

柔らか仕上げ!昆布の佃煮レシピ。酢&細切りでだし昆布を賢く再利用。

丸ごと使って風味をいかす!柚子ジャムの作り方。簡単マーマレードレシピ

柚子(ゆず)の風味を存分にいかした、食べやすいジャムの作り方をご紹介します。柚子を丸ごと使った、手作りマーマレードのおすすめレシピ…

重ねて美味しく!白菜とツナの煮物レシピ。くたくた白菜&しっとりツナ

白菜とツナを使った、優しい味わいの煮物レシピをご紹介します。白菜とツナ(シーチキン)のくたくた煮。ツナのマイルドな旨味が白菜にじん…

下味をつけて冷凍OK!鮭の漬け焼きレシピ。作り置きやお弁當におすすめ

作り置きやお弁當おかずにも便利な、鮭の漬け焼きのレシピをご紹介します。下味を付けた狀態で鮭を冷凍しておけば、あとは、焼くだけで美味…

上品な甘み!甘酒の卵焼きレシピ。しっとり感キープでお弁當にもおすすめ

甘酒のおすすめの使い方をご紹介します。砂糖の代わりに甘酒を使った、甘酒の卵焼きレシピです。米麹の甘酒を卵に混ぜて、醤油と塩で味をと…

柔らか仕上げ!昆布の佃煮レシピ。酢&細切りでだし昆布を賢く再利用。

ふっくら柔らかい昆布の佃煮のレシピをご紹介します。昆布のだしがらを使った甘辛煮になっていて、だし汁を取ったあとに殘った「使用後の昆…

麻豆画精品传媒2021一二三区-艾秋麻豆剧果冻传媒在线播放
兴文县| 井研县| 上栗县| 宜丰县| 江安县| 常熟市| 中西区| 凉城县| 饶平县| 马关县|