やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

切り干し大根の戻し方。基本は水で時短ならレンジ。戻さない方が良い場合も

投稿日:2021年9月20日 更新日:

切り干し大根(千切り大根)の戻し方を解説します。

基本は水につける

乾燥した狀態の切り干し大根を柔らかくするには、水を使うのが基本です。
ごく一般的な千切りタイプの切り干し大根なら、軽く洗ってひたひたくらいの水に浸し、5?10分置くだけで戻ります。

なお、切り干し大根の戻し率は、4倍程度。
乾燥した狀態の切り干し大根は、戻すと重量が4倍くらいになります。

時短ならレンジ

もし、もっと早く戻したいという場合は、電子レンジを利用するという手もあります。

水に浸した狀態で電子レンジで軽くチンすれば、水が熱湯になるので、より短時間で戻すことが可能です。

ただ、この方法も萬能ではありません。
仕上がりを比較すると、水で戻した方が、全體が均一に柔らかくなりやすいです。

そのため、電子レンジを使う方法は、特別に急ぐ場合に限るのがおすすめです。

戻さないのもアリ

切り干し大根を戻す前提で話しを進めてきましたが、実は、切り干し大根は戻さずに使うこともできます。
むしろ、その方が良いケースも。

というのは、切り干し大根を戻すことで、戻し汁のなかに旨味や栄養が大量に溶け出してしまうからです。
戻さずに流水でさっと洗うだけに留めれば、こうした成分を流出させずに済むので、切り干し大根の風味が濃く感じられるお料理が作れます。

たとえば、煮物などに使う場合は、戻さずに使う方が美味しいです。

一方で、干し野菜特有の風味が少し邪魔になる料理もあります。
そのため、ケースバイケースで使い分けるといいですよ。

ちなみに、切り干し大根をまったく洗わないでそのまま使うのは、あまりおすすめしません。

切り干し大根は、ものによって汚れている場合があるためです。
また、軽く洗ってから數分置くことで、水分が吸収されて、食感がある程度柔らかくなるというメリットもあります。

この記事では、切り干し大根の戻し方、そして、切り干し大根を戻さずに使う方法について詳しく解説します。

基本の戻し方

最初に、切り干し大根の基本の戻し方を解説します。


まず、切り干し大根(好みの量)をボールに入れて、流水で軽く洗います。

洗って汚れを落とす

スーパーで売られてる切り干し大根は、ほとんどが、洗う必要がないくらいきれいです。
ただ、天日干しの切り干し大根などは汚い場合もあるので、まずは水洗いすることをおすすめします。



きれいに洗ったら、ひたひたくらいの水を注ぎ、5?10分ほど置きます。

水の量は、切り干し大根の頭が少し出るくらいが丁度良いです。
あまりに少ないと、戻り具合にムラができますし、逆に多すぎると、切り干し大根の旨味や栄養が水にたくさん溶け出してしまいます。

なお、戻し時間は、ごく一般的な細い切り干し大根で5?10分くらい。
厚めに切られた商品を戻す場合は、手で觸って充分に柔らかくなったと感じるまで、もう少し長い時間ひたしてみてください。



切り干し大根が十分に柔らかくなったら、ザルにあげて水気を切ります。


あとは、お好みで、水気を手で絞ったり食べやすい長さに切ったりすれば、すぐに料理に使えます。

戻し汁の使い方

なお、切り干し大根で煮物を作る場合は、この工程で殘った戻し汁を煮汁として使うと、味が濃く感じられて美味しいです。

ただ、戻し汁を煮物に活かすのなら、最初から切り干し大根を水に浸さずにつくる方が、よりおすすめです。
詳しくは、記事後半の「戻さないで使う」をご覧ください。

また、戻し汁を味噌汁やスープに使うこともできますが、正直、好みが分かれます。
とりあえず試してみるのは、ありだと思います。

時短になる戻し方(レンジ)

切り干し大根は、10分ほどあれば水で戻せます。
でも、10分も待てないという場合は、電子レンジを使って加熱するといいです。


まず、切り干し大根を流水で軽く洗い、ひたひたくらいの水に浸します。



そして、ラップをかぶせて、切り干し大根30gにつき、電子レンジ600wで2分30秒ほど加熱します。

切り干し大根の量を変える場合は、30gにつき2分30秒を目安に、加熱時間を微調整してみてください。


レンジで加熱すると、水が湯になるので、切り干し大根を早く戻すことができます。

また、レンジを使わずに、熱湯を切り干し大根にかけることでも、同様の効果を見込めます。

ただ、いずれの場合も、水で戻した場合と比較すると、水で戻した方が十分に柔らかくきれいに戻りやすいです。

そのため、少しでも早く戻したいという場合以外は、水を使う方がおすすめです。

戻さないで使う

続いて、切り干し大根を戻さずに使う方法をご紹介します。

冒頭でもお伝えしたとおり、切り干し大根を戻さずに使うことで、旨味や栄養成分の流出を抑えられます。


とはいえ、乾燥した切り干し大根をそのまま料理に加えるのは抵抗があるという方もいらっしゃると思います。

切り干し大根は汚れていることもあるので、まずは軽く水洗いするといいです。



切り干し大根を洗ったら、ボールの中の水を流し捨てて、水気を絞らずに、5?10分ほど放置します。

ごく一般的な細い切り干し大根だったら、このように洗って放置するだけでも柔らかくなります。

水にどっぷり浸した狀態と比べれば、十分に柔らかくなったとは言えないかもしれません。
でも、この後に煮物にするのなら、ほんの少し多めの煮汁に浸して煮始めれば、まったく問題なく美味しく作れます。

もし、調理する前にもう少し柔らかくしたいのなら、切り干し大根をもう一度軽く洗って水を付けて、そのまま少し放置すれば、さらに柔らかく戻ります。

戻さない方が良いケース

今回ご紹介した切り干し大根を戻さずに使う方法は、切り干し大根の煮物を作る際には、特におすすめです。

戻し汁を捨てずに一緒に使うという手もありますが、そのやり方よりも、最初から戻し汁を出さない方が、切り干し大根の旨味や甘みは濃く感じられます。

切り干し大根の煮物」レシピは、リンク先で詳しく紹介していますので、ぜひ參考にしてください。
戻した方が良いケース

一方で、切り干し大根を水に浸してしっかり戻してから使った方がいいケースもあります。

たとえば、右の寫真は「切り干し大根のソムタム」ですが、こうしたサラダの具材にする場合は、切り干し大根の濃厚な味が、少し邪魔だと感じることもあります。

切り干し大根を戻すかどうかは、作る料理に応じて使い分けるといいですよ。

関連記事

大人の箸休め!切り干し大根の酢の物レシピ。きゅうりを加えて味わい深く

ほどよい甘酸っぱさが食欲をそそる、切り干し大根の酢の物のレシピをご紹介します。切り干し大根ときゅうりを、甘酢で和えた一品。きゅうり…

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方を解説します。刻み昆布とは、乾燥させた昆布を細切りにしたもののことで、切り昆布と呼ばれることもあり…

ひじきの戻し方。乾燥ひじきを柔らかく戻す方法。

乾燥ひじきの戻し方をご紹介します。基本の戻し方と合わせて、ひじきを早く太く柔らかく戻せるという裏ワザもお伝えします。

旨味を凝縮!切り干し大根の煮物レシピ。甘辛い味付けでご飯と好相性。

切り干し大根(千切り大根)の旨味を存分に活かした、おすすめの煮物レシピをご紹介します。調理のポイントは、切り干し大根の戻し方にあり…

冷水がベスト!干し椎茸の戻し方と戻す時間。早く戻すのならレンジもあり

干し椎茸(乾しいたけ)の「戻し方」と「戻す時間」について解説します。干し椎茸を美味しく食べたいのなら、冷水を使って戻すのがダンゼン…

大根の皮のレシピ。栄養を逃さず摂れる人気の料理を一挙紹介!

捨ててしまいがちな大根の皮を使った、栄養満點の食べ方をご紹介します。大根の皮は、実は、栄養が豊富。大根に含まれている栄養素としては…

きくらげの戻し方。水に浸けるのがベスト!お湯で早く戻す方法も紹介。

きくらげ(木耳)のおすすめの戻し方を2パターンご紹介します。水で戻す方法と、ぬるま湯で戻す方法です。1つめは、水で戻す方法。きくら…

冷凍はやめた方がいい!大根の保存。長持ちさせるのなら常溫より冷蔵庫へ

大根の保存方法として、冷凍はおすすめしません。大根は、涼しい季節なら3日ほど常溫保存することもできますが、基本的には、冷蔵庫で保存…

おすすめ記事

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

人參ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

ほっこり溫まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

幅広い料理に使える!しいたけの下ごしらえ。下処理の方法を動畫で解説。

味見がとにかく大事!數の子の塩抜き。戻し方などの下ごしらえを解説。

冷凍も便利!しいたけの保存方法と保存期間。生椎茸を日持ちさせるコツ

切り干し大根の戻し方。基本は水で時短ならレンジ。戻さない方が良い場合も

水ではなく熱湯で!ドライトマトの戻し方と使い方。酢を加えて旨味キープ

賢く使い分け!しいたけの切り方6パターン。それぞれの名前と使い方。

人參の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

しいたけを洗うデメリット。汚れはなるべく拭き取る。味が落ちない洗い方も解説

しいたけの石づきの取り方と活用法。食べるのはNG!でも出汁は取れる。

焼き芋のトースターレシピ!さつまいもの甘みとねっとり食感が人気。

天日干しが一番!干し椎茸の作り方。室內乾燥でも旨味と栄養がアップ。

花切りから亀模様まで!しいたけの飾り切り。お灑落に可愛く見栄えをUP

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

冷水がベスト!干し椎茸の戻し方と戻す時間。早く戻すのならレンジもあり

干し椎茸の賞味期限と保存方法。基本は常溫。戻した後は冷凍もあり。

旨味も栄養も豊富!干し椎茸の戻し汁の使い方。保存方法やレシピも紹介。

鮭(生鮭?塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

熊本を代表する人気の郷土菓子、「いきなり団子」の作り方をご紹介します。輪切りにしたさつまいもとあんこを具材にした、シンプルでありな…

人參ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人參ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人參の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキ…

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

さつまいもの素揚げのおすすめレシピをご紹介します。さつまいもを少し太めのスティック狀に切って、さっと揚げるだけの簡単レシピ。油で揚…

ほっこり溫まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

ほっこり身體が溫まる、熊本の人気郷土料理、「だご汁(だんご汁)」のレシピをご紹介します。だご汁は、小麥粉と水を練ってのばした団子を…

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

さつまいも好きにおすすめの、熊本天草の郷土料理「がね揚げ」のレシピをご紹介します。がね揚げは、さつまいもを使った昔ながらの天ぷらで…

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

エリンギと豚バラ肉を使った肉巻きのレシピをご紹介します。ご飯がすすむ、王道の甘辛い肉巻きレシピ。エリンギの弾力のある食感としっかり…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麥粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとく…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい國。特に、羊肉(ラム肉)の味…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、寫真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているも…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海…

幅広い料理に使える!しいたけの下ごしらえ。下処理の方法を動畫で解説。

生しいたけの下ごしらえのやり方を解説します。しいたけを料理に使う際に必要な、下処理の手順についてです。

味見がとにかく大事!數の子の塩抜き。戻し方などの下ごしらえを解説。

數の子の塩抜きの仕方など、下処理の方法を解説します。數の子を上手に戻すには、水ではなく塩水を使ったうえで、急がずに時間をある程度か…

冷凍も便利!しいたけの保存方法と保存期間。生椎茸を日持ちさせるコツ

しいたけを安心して長期で保存したいのなら、冷凍保存するのがおすすめです。冷凍すると食感が劣化する野菜が多いなか、しいたけをはじめと…

切り干し大根の戻し方。基本は水で時短ならレンジ。戻さない方が良い場合も

切り干し大根(千切り大根)の戻し方を解説します。乾燥した狀態の切り干し大根を柔らかくするには、水を使うのが基本です。ごく一般的な千…

水ではなく熱湯で!ドライトマトの戻し方と使い方。酢を加えて旨味キープ

ドライトマトの上手な戻し方を解説します。ドライトマトには、大きく2種類があります。1つは、カラカラに乾燥させたもの。もう1つは、半…

賢く使い分け!しいたけの切り方6パターン。それぞれの名前と使い方。

しいたけでよく使われる切り方と、その名前と使い方を解説します。「花切り」や「四つ割り」、「そぎ切り」や「薄切り」など、合計6パター…

人參の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

人參の美味しい茹で方と茹で時間を解説します。人參は、水の狀態で鍋に入れて、じわじわと溫度を上げていくと、中心部分まで均一に火が入り…

しいたけを洗うデメリット。汚れはなるべく拭き取る。味が落ちない洗い方も解説

しいたけは、基本的には、調理の前に洗う必要はありません。むしろ、できるかぎり洗わないのがおすすめです。というのは、しいたけを洗って…

しいたけの石づきの取り方と活用法。食べるのはNG!でも出汁は取れる。

しいたけの石づきの取り方と使い道を解説します。石づきとは、しいたけに限らずキノコ全般にあり、原木や地面に接していた生え際の根元部分…

焼き芋のトースターレシピ!さつまいもの甘みとねっとり食感が人気。

焼き芋のトースター(オーブントースター)を使った簡単レシピをご紹介します。さつまいもは、中心部が70度くらいになるようにじっくりと…

天日干しが一番!干し椎茸の作り方。室內乾燥でも旨味と栄養がアップ。

生の椎茸を乾燥させて、干し椎茸を作る方法を解説します。椎茸の干し方には電子レンジやオーブンなどを使う方法もありますが、せっかく手作…

花切りから亀模様まで!しいたけの飾り切り。お灑落に可愛く見栄えをUP

しいたけの飾り切りの切り方を詳しく解説します。お伝えするのは2種類の飾り切り。「花切り」と「亀」です。花切り亀「花切り」は、しいた…

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方を解説します。刻み昆布とは、乾燥させた昆布を細切りにしたもののことで、切り昆布と呼ばれることもあり…

冷水がベスト!干し椎茸の戻し方と戻す時間。早く戻すのならレンジもあり

干し椎茸(乾しいたけ)の「戻し方」と「戻す時間」について解説します。干し椎茸を美味しく食べたいのなら、冷水を使って戻すのがダンゼン…

干し椎茸の賞味期限と保存方法。基本は常溫。戻した後は冷凍もあり。

干し椎茸(乾しいたけ)は、常溫保存に向いた食品です。開封前はもちろんのこと、開封後であっても、乾燥した狀態の干し椎茸は、常溫で保存…

旨味も栄養も豊富!干し椎茸の戻し汁の使い方。保存方法やレシピも紹介。

干し椎茸の戻し汁を有効活用する方法をご紹介します。干し椎茸を戻したあとに殘った戻し汁は、そのまま飲むとあまり美味しくありません。そ…

鮭(生鮭?塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

鮭の美味しい焼き方を解説します。用意する鮭は、塩鮭でも生鮭でもOKです。鮭の切り身を焼いて食べるのなら、魚焼きグリルを使うのが一番…

最新記事

甘辛味噌でコク旨!かぼちゃと豚肉炒めのレシピ。ご飯との相性も抜群。

定番の美味しさ!ほうれん草の胡麻和えレシピ。ごまの風味でコク旨。

旨味広がる!しいたけチーズ焼きのレシピ。塩を揉み込み美味しさUP。

滋味深い!昆布の煮物レシピ。乾燥刻み昆布&かつおだしで旨味の相乗効果

和テイストで旨い!白菜シーザーサラダ。定番ドレッシングをアレンジ。

甘辛味噌でコク旨!かぼちゃと豚肉炒めのレシピ。ご飯との相性も抜群。

豚肉とかぼちゃを使った、手軽でおいしい炒め物のレシピをご紹介します。甘辛い味付けが食欲をそそる、ご飯によく合うおかずのレシピです。…

定番の美味しさ!ほうれん草の胡麻和えレシピ。ごまの風味でコク旨。

ほうれん草の胡麻和えのおすすめレシピをご紹介します。だしを使った人気の基本レシピになっていて、作り方はとても簡単です。だしに醤油を…

旨味広がる!しいたけチーズ焼きのレシピ。塩を揉み込み美味しさUP。

しいたけとチーズを使った、旨味たっぷりの簡単おかずレシピをご紹介します。メインの食材は、しいたけとチーズの2つだけ。しいたけにチー…

滋味深い!昆布の煮物レシピ。乾燥刻み昆布&かつおだしで旨味の相乗効果

昆布を具材にした、旨味たっぷりの煮物レシピをご紹介します。美味しく作るためのポイントは、乾燥させた刻み昆布(切り昆布)を使うことで…

和テイストで旨い!白菜シーザーサラダ。定番ドレッシングをアレンジ。

白菜をモリモリ美味しく食べられる、おすすめサラダのレシピをご紹介します。白菜だけで作る、シーザーサラダのレシピです。ポイントは、シ…

麻豆画精品传媒2021一二三区-艾秋麻豆剧果冻传媒在线播放 最新电影
德清县| 东乌珠穆沁旗| 繁峙县| 定边县| 宝清县| 东乡| 井研县| 贺州市| 洞头县| 理塘县|